個人サロンでブライダルエステ利用する時の注意点

大手サロンと個人サロンのブライダルエステでは何が違う?

大手サロンは全国に展開しているものが多いです。立地は良く駅チカのビルにあるなど、通いやすいところにあります。一方、個人サロンは、オーナーの自宅兼エステサロンというケースもあり郊外にあることもしばしばです。施術できる内容に大きな差はあまり見られません。しかし大手サロンではメニューの中に「ブライダルエステ5回コース」というようにパッケージプランをだしていることが多く、個人サロンではオーダーメイドとなるケースがあります。また都市部においては個人サロンのエステ価格が大手サロンに比べて極端に高いことがあります。逆に地方の場合は大手サロンよりも個人サロンのほうが控えめな価格設定になっている場合がよくあります。またどちらのサロンでもブライダルメニューが終了した後も、継続して通える他のメニューをすすめられることがあります。

実際にブライダルエステを受けるときに注意したいこと

個人サロンでブライダルエステを申し込む際には、立地やエステティシャンとの相性を確認します。ブライダルエステは結婚式の直前に1回だけ受けるという花嫁もいますが、多くの花嫁は3~7回程通います。不便な場所にあるエステではタクシーチケットを用意しているところもあるため、通いやすい条件に合っているかを確認します。また個人サロンはオーナーが一人で施術を行うことがあります。その場合エステティシャンの変更ができません。カウンセリングの段階で合わないと感じた場合は勇気をだして断ることも大切です。個人サロンの強みはオーダーメイドでブライダルエステメニューを組めることです。花嫁のリクエストに対してしっかりと対応してもらえるかで満足度が大きく変わります。自分のためだけの特別メニューのエステを受けているという実感があるでしょう。